07-ま行, 0701美保関町

<スポンサーリンク>




<写真>

<地図>松江市美保関町美保関

<説明文>
小泉八雲はここ美保関を三度訪れ、町はずれの船宿「島屋」に宿をとった。港町での様々な生活風習を題材にした紀行文「美保関にて」を世界へ向けて発信した。
このレリーフは、1896年(明治29年)に神戸で撮影された写真をもとに制作したもので、同年7月には家族そろって美保関を訪れている。
(左から八雲・長男一雄・妻セツ)

Lafcadio Hearn visited Mihonoseki on three occasions,and stayed in an inn for sailors known as ‘Shimaya’.
He used the various daily customs of the harbour town as the subject matter of his travelogue,’At Mionoseki’,and shared it with the world.
This relief is based on a photo originally taken in Kobe in 1896(Meiji 29).
The family took a trip to Mihonoseki in July of that year.
(From left:Hearn;eldest son Kazuo;wife Setsu)

06-は行, 0604東出雲町

<スポンサーリンク>




<写真>

<地図>松江市東出雲町出雲郷

<銘文>
古代神話の昔八束水臣津野命が今の島根半島を四回に分けて、太き綱をかけて国来い、国来いと力一ぱい引き寄せて国引きの大業を終って杜の中に枝を衝き立てて「オエ」といはれた所を意宇杜と云ふ。
後に意宇郡意宇の海意宇川など地名発生の元であると云う。今年はくにびき国体が開催せられその記念事業として国引きの碑を有志相よりて建て古代の出雲神話を高揚し広く郷土の人々にその大業の精神を伝えんとする。

市向歌碑を守る会
昭和五十七年五月三日建立
<建立>
昭和57年(1982年)5月3日

06-は行, 0602東忌部町

<スポンサーリンク>




<写真>

<地図>松江市東忌部町

<碑文>
日本土木学会選奨土木遺産
千本堰堤
2003年(平成15年度)日本土木学会選奨土木遺産に認定された”千本堰堤”は、1918年(大正7年)に完成した山陰で初めての近代水道施設です。
外観は重厚な雄姿を備えた御影石造りで、現在でも松江市民の大切な水がめとして活用されています。
認定日2003年11月27日