04-た行, 0407殿町

<写真>

<地図>松江市殿町

<スポンサードリンク>




<碑文>
島根県庁庭園碑銘
肥の河原に 出雲の野に 匂へる風
庭となり 光 溢るるを
この庭 その ひとところを
松江湖城ライオンズクラブ
松江ライオンズクラブ
日本勧業銀行松江支店
島根県農林會館
その力合わせし こころざし受けたり
いま 日の登りて
芝草のかきろひ 石の群立ち
苔 さやかに 樹々の立ちひろがれる
行人よ そか こころのままに
ここにつとはな
ここに遊はな

昭和41年6月
島根県
<建立>
昭和41年6月(碑文より)
<その他>
イングレスポータル

04-た行, 0407殿町

<写真>

<地図>松江市殿町

<スポンサードリンク>




<碑文>
わが学舎ここにあり
<建立>
1993年9月吉日(碑文より)
<その他>
イングレスポータル

04-た行, 0407殿町

<写真>

<地図>松江市殿町

<スポンサードリンク>




<説明>
ここは、馬溜と呼ばれる一辺46mほどのほぼ正方形の平地です。入口には大手柵門、右へ曲がるとしゃちほこをつけた壮大な大手門がありました。西側にある高さ13mの高い石垣や、南・東側の石垣の堀、さらに内側の高さ1mほどの腰石垣による土塁でこの平場を四方から守っていました。この入口の形態は桝形と呼ばれるもので、敵兵の直進を防ぎ、侵入の勢いを弱める機能と、出撃の際にこの馬溜に城兵を待機させ隊形を整える機能を果たしていたようです。発掘調査より、江戸時代のものと思われる井戸が2箇所と内堀へ通じる石組水路などの遺構面が現在の地面より約50㎝下に見つかりました。
(説明板より)