08-や行, 0801八雲町

<写真>

<地図>松江市八雲町

<スポンサーリンク>




<碑文>
藤田勇市翁は明治十四年三月二十三日熊野村矢谷部落に生まれ資性俊敏事に当り熟慮断行ひたすら郷土のために熱誠を捧げて居られる徳行の士である
明治三十九年熊野村収入役に就任爾来村長長沢儀太郎翁を敬慕してその薫化を受けること多大一王誠を信条とし夙夜精励し大正七年推されて助役に任じ昭和十五年長沢村長の退任により村長に選ばれ昭和二十一年退職されるまで役場在勤四十有余年身を挺して誠心誠意村治に力を尽くし輝かしい功績を挙げられた昭和三十四年には合併後の八雲村議会議長に就任し新しい村作りにさらに一段の努力をされたのである一方幾多の公共団体に関与して本年八十三歳の高齢に至るまで一途に愛郷心に燃えて公事に尽瘁せられた就中酪農の振興環境衛生の整備全村一斉の電灯の設備熊野大社の御造営財団法人長沢報徳会の設立等は翁が特に心血を注がれた大事業であったこれら多くの功績に対して表彰状感謝状を受けられたこと幾十回に及び昭和三十一年には藍綬褒章受章の光栄に浴されたのである
昭和三十八年一切の公職を退かれるに当り有志相計り翁の徳行を頌えその功績を永く後世に伝えるためにここに建碑に及んだ次第である
昭和三十八年十月

発起人14名、世話人9名、石工1名、銅版彫刻1名、造園1名
(関係者氏名が記載されていますが記載省略します)
<建立>
昭和38年(1963年)10月(碑文より)

08-や行, 0801八雲町

<写真>
pb170002pb170006
<地図>松江市八雲町

<スポンサーリンク>




<説明>
ここ日吉公園から、500mほど下ったところが八雲村の大切な史跡「日吉切通し(きりとおし)」です。1706年、56歳の三代目周藤弥兵衛翁(すとうやへえおう)は、意宇川が剱山にそって流れるためにおこる洪水から村を守るために、自分の財産を出し、自分の力で剱山を切り開くことを決心しました。これから槌とのみで岩盤に立ち向い、死の苦しみ以上の苦行を実に42年間も続け、ついに「日吉切通し」を完成させました。
公園にある頌功碑は、この自分を犠牲にして、水害から人命を救い、田畑を守った人間として最も崇高な精神の持主周藤弥兵衛翁に対する感謝と尊敬の心をあらわした碑で、いつまでも伝えられる感銘の碑でもあります。(説明板より)