03-さ行, 0303白瀉本町

<スポンサードリンク>




<写真>

<地図>松江市白潟本町

<碑文>
小泉八雲ゆかりの地-10 源助柱・大庭の音のする石
堀尾吉晴公が初めて橋を架けようとした時、余りにも難工事だったため一人の男を人身御供にした。その源助の名をとって大橋の中央の柱を源助柱と呼んだ。小泉八雲は著書「神国の首都」に興味深く記している。
また打てば鐘のようにひびく大庭の石は、一定の距離以上へ運び去ることは出来ないという伝説の通り、松平公がその一個を松江城に運ばせようとした時、石が非常に重くなってきて千人かかっても大橋から先へ動かすことが出来なかった。
     著書 知られぬ日本の面影・八重垣神社
小泉八雲は島根県尋常中学校赴任のため、1890(明治23)年8月30日に松江入りしたが、その際、彼をのせた汽船はこの付近に到着したといわれる。

LAFCADIO HEARN-10
The Memorial Monument for Gensuke and the Musical Stone of Oba Gensuke “had lived in the street Saikamachi” and was “put under the bridge” as a victim.”The midmost pillar was called by his name,-Gensuke – basira”(Chief City”).
There is a legend about the Musical Stone of Oba that it cannot be carried beyond a certain distance.When a daimyo (a feudal lord) ordered it to be conveyed to his castle at Matsue,the Stone made itself so heavy that a thousand men could not move it.So it was abandoned before the bridge.(“Chief City”)
Lafcadio Hearn came to Matsue City to teach at the Shimane Middle School on August 30th,1890.
It is said that his ship arrived in this area.

03-さ行, 0304宍道町

<スポンサーリンク>




<写真>

<地図>松江市宍道町西来待

<その他>
詳細不明

03-さ行, 0304宍道町

<スポンサーリンク>




<写真>

<地図>松江市宍道町西来待

<碑文>
沿革
当西来待地区は来待川下流西側に位置する平坦地であり大正末期から昭和初期にかけての耕地整理により出来た本町でもまれな穀倉地帯であったが最近の農業の近代化に伴う大型機械の導入及び稲作転換いわゆる汎用性耕地の対応にせまられ遂に地区民一同の要望により土地基盤整備による営農改善を目的とする団体営圃場整備事業として採択された。
昭和五十三年度より着手し昭和五十八年三月全ての事業が完成した。この間県並びに町はもとより地区関係者一同の協力を得て本事業が完工し効率的な営農が出来る美田がここに生まれた。

事 業 名  団体営西来待地区圃場整備
受益面積  28.0ヘクタール
受益戸数  73戸
工  期  昭和53年度~昭和57年度
事 業 費  23250万円
事業主体  八束郡宍道町土地改良区
地区委員  省略
施工業者  (有)大崎工務店