03-さ行, 0304新雑賀町

<スポンサーリンク>




<写真>


<地図>松江市新雑賀町

<碑文>
渡部寛一郎先生 私塾普通學舎跡
寛一郎は明治十六年この地に「普通學舎」を開き中学校や師範学校の入学準備や教員検定の志願者に教育学・教授法の指導にあたった。
新知識と技術を教えた寛一郎の指導は学生の敬慕の的となり県内外から学ぶものが多かった。塾生は、百八十三名を数える。自主独立を基本とした教育精神は島根の近代的学校の先駆者的役割を果たした。
資料は後に南田町旧藩木実方に設立した私立修道館資料と共に雑賀教育資料館に保存されている。
<建立>
平成20年(2008年)11月吉日(碑文より)

03-さ行, 0305宍道町

<写真>

<地図>松江市宍道町上来待

<碑文>
宍道町・来待村 合併三十周年記念
宍道町長 松本武正書

建立由来
 本町が、昭和三十年四月当時の国策に沿って合併し、新町誕生発足、爾来既に三十幾星霜、町運も愈々隆盛の道を辿っていることはまことに同慶の至りであって、その恩恵は町民斉しく享受しているところである。
 時恰も、旧来待村の中心地である当大森区へ、その装いも重厚な農村環境改善センターが建築なされたことを機に吾等相議り芳志を募り、茲に合併三十周年記念の碑を建立して郷里先達の偉業を偲ぶとともに、本町の限りない発展を祈念するものである。

   昭和六十三年七月吉日
      島根県八束郡宍道町長 松本武正

合併三十周年記念碑建立発起人会
<建立>
昭和63年(1988年)7月建立(碑文より)
<スポンサーリンク>



03-さ行, 0305宍道町

<写真>

<地図>松江市宍道町上来待

<碑文>
皇太子殿下御降誕記念 来待神社御奉所
<建立>
昭和9年(1934年)5月(碑文より)
<スポンサーリンク>