05-な行, 0508西浜佐陀町

<スポンサーリンク>




<写真>

<地図>松江市西浜佐陀町

<碑文>
田尻栄利氏
 顕彰碑
  佐野廣書

 田尻栄利氏は、明治三十八年八月十日 松江市古曽志町に生まれ 大正十三年松江農林学校を卒業 島根県農務課に奉職の後 昭和十六年抜擢されて島根県農会技師となり 次来農業関係団体の要職を歴任した この間 若き情熱をもって専心職務に精励し 農業に対する限りない愛情を深め 卓越した識見を積み 信望をあつめ 昭和二十八年一月推されて古江村農協組合長となった
 生来豪毅 責任感旺盛 就任以来不屈の協同精神を発揮 比類まれな先見性を発揮し 特に昭和三十年から二期八年間 松江市議会議員として 行政 経済両面から地域農業の近代化と農協発展に挺身したことは特筆すべきことであった
 昭和三十八年三月 他に先んじて法吉 生馬 古江 秋鹿 大野の五つの農業協同組合の合併を実現し 以来組合長として円熟した人格と 豊富な経験から得た 該博な知識のもと 常に時代を先どりし 明確な判断力と 卓越した指導力により 農協の在り方を示範し 日夜奔走 地域の発展と農業の振興に貢献 中でも地区内水田の大部分にわたる圃場整備事業の実現 特産いぐさ 葉たばこの振興 各種農業近代化施設の導入等々 その功績は多大であり 景仰感謝の的であった
 昭和四十八年四月十七日 忽然としてその道に殉じ まさに奮迅の一生を全うした 生前の功労は高く評価され 國は 氏の多年の功績に対し 従六位勲五等に叙し偉業を顕彰した
 この傑出した人士の功績を広く後世に伝え後進の育成を図らんとし ここに顕彰碑を建立し 永く遺徳を偲ばんとするものである
  昭和五十四年十一月吉日
    顕彰碑建設委員会
<建立>
昭和54年(1979年)11月(碑文より)

05-な行, 0508西浜佐陀町

<写真>

<地図>松江市西浜佐陀町

<碑文>
松江市土地改良区
基盤整備完成記念碑
島根県知事 恒松制治書

事業の概要
この地区は佐陀川をはさんで東西に二分する沖積平野であり地区の大半は低平な湿田地帯であり洪水時には冠水と塩水の逆流に悩まされ連年の如く被害を受けていた。
偶々昭和四十一年度よりパイプラインによるかんがいと排水桟を併設した圃場整備事業推進の機運高まり昭和四十二年度より県営事業として着手することとなった。
尓耒国県及び市の懇篤なる指導と組合員の協力により事業は順調に進み茲に懸案の大事業は遂に完成し都市近郊農業の拠点に生まれかわった。

事業名 古江生馬地区県営圃場整備事業
事業費 24億4822万7千円
事業量 441ヘクタール
工期 着工 昭和42年4月
   完了 昭和54年3月

昭和53年11月
湖北土地改良区
湖北土地改良区は昭和50年12月松江市土地改良区に合併
<建立>
昭和53年(1978年)11月
記念碑 施工前畑産業有限会社(碑文より)

<スポンサーリンク>