06-は行, 0602東忌部町

<写真>

<地図>松江市東忌部町

<碑文>
宍道湖南部
広域農道
島根県知事 恒松制治 謹書
<スポンサーリンク>



06-は行, 0603東茶町

<スポンサーリンク>




<写真>



<地図>松江市東茶町

<碑文>
「湖(うみ)をちこち 何を漁(いさ)る火 天の川」

大谷繞石経歴
明治八年松江市末次本町に生まれる。
松江中学でラフカディオ・ハーンに教わる。
東京帝大入学後、再びハーンに教わる。
子規庵句会にも参加。金沢の四高教授時代、子規派句会「北声会」を指導、弟子に室生犀星がいた。
<建立>
平成24年(2012年)4月建立
大谷繞石句碑建立委員会

06-は行, 0604東出雲町

<スポンサーリンク>




<写真>

<地図>松江市東出雲町出雲郷

<碑文>
出雲守門部王思京歌一首

飫海乃河原之乳鳥汝鳴者
吾佐保河乃所念國
(おうの海の河原の千鳥汝が鳴けば吾が佐保川の念ほゆらくに)
<銘文>
門部王(かどべのおおきみ)は天平年間出雲守として国庁に来任し律令制下の郷土民政に当てられたが、また人間味豊かな歌人として万葉集に五百の秀歌を残されている。
この歌はその一首で、意宇川が中海に注ぐ辺りの河原に鳴く千鳥の声を聞いて、遥か故郷大和の都近い佐保川を懐かしまれた切々の慕情がしのばれる。
この度有志相図り、意宇川に臨むゆかりの地にこの歌碑を建て永くその風懐を仰ぐよすがとされたことは誠に慶びにたえない。
記して銘とする所以である。

昭和三十九年五月三日
島根県知事 田部長右衛門
<建立>
昭和39年(1964年)5月3日(銘文より)