【松江の石碑を巡る】鹿島町「木下利玄歌碑」

<スポンサーリンク>




<写真>

<地図>松江市鹿島町御津

<碑文>

朝日の中
御津浦峠 のぼりたるに
海眼をうてり 紺青のかがやき

木下利玄(1886~1925)は、田足守藩主十三代当主の甥として
現岡山市足守町に生まれ、のち宗家を継いだ。
少年時代佐々木信綱の竹柏園に入門して短歌を学び、東京帝大国文科在
学中に武者小路実篤、志賀直哉らと「白樺」を創刊した。「利玄調」と
呼ばれる独特の歌調を樹立し、白樺派歌人として明治大正期の文学史に
大きな足跡を残している。
この歌は大正五年十月利玄が加賀潜戸を訪ねた際、御津の風景を詠んだ
歌の中の一首で、歌集「紅玉」に収められている。
美しい御津の景観とともに、この歌が地区青少年の愛郷心を育む一助と
なることを願い、ここにその歌碑を建立する。

   平成五年十二月吉日
                御津区

<建立>

平成5年(1993年)12月(碑文より)