【松江の石碑を巡る】宍道町「宍道干拓竣工記念碑」

<スポンサーリンク>




<写真>

<地図>松江市宍道町昭和新田

<碑文>
宍道湖岸を埋立て新田をつくることは己に明治年間から郷土の先覚によって行われてきたのであるが近年になって荻田灘が補助干拓として造成され更に県会議員多根一義氏等の主唱と参議院議員重政庸徳氏の盡力によって佐々布沖宍道湖の入江が昭和三十年オランダ式工法による国営代行干拓事業として採択せられ尓来十余年の歳月と三億七千余万円の事業費をもって茲に広大な耕地の完成を見たことは慶びに堪えない
よって之を記念してここにこの碑を建てるものである

 総面積  七十一ヘクタール
 造成耕地 五十三ヘクタール

昭和四十二年三月

 宍道町長 三島四郎 識す
<建立>
昭和42年(1967年)3月(碑文より)