02-か行, 0208古曽志町

<スポンサーリンク>




<写真>

<地図>松江市古曽志町

<碑文>

許曽志神社は出雲風土記・延喜式にも記された社であり、
貞享元年現社地松尾山へ奉遷迄この地にご鎮座。
社地寛大、古木繁茂、馬場の左右に松の並木在りと傳う。
址地を『元宮』と稱す。
本年奉遷参百歳を壽ぎ茲に記念の碑を建つ。

   昭和三十九年十月吉日

<建立>

昭和39年(1964年)10月(碑文より)

03-さ行, 0305宍道町

<スポンサーリンク>




<写真>

<地図>松江市宍道町上来待

<碑文>

天神の里 用地提供者
(氏名省略)
平成十三年

<建立>

平成13年(2001年)(碑文より)

07-ま行, 0701美保関町

<スポンサーリンク>




<写真>

<地図>松江市美保関町美保関

<碑文>

水道完成記念

建碑のことば
 わが美保関は地勢上清泉飲料水に乏しく、この為父祖三代にわ
たり久しく困窮するところであった。
 昭和四十七年宿望の境水道大橋が完工するや、俄然水道誘致の
熱願が盛り上り直に水道委員会を結成してこの実現に鋭意努力した。
 時の美保関町長小谷茂雄氏は地元住民の強い願望をうけ、その窮
状を洞察し、慧眼と熱誠をもって百方力をつくした。時あたかも国家
経済不況に遭遇したにもかかわらず、遂にこの努力がみのり水道施設
の完成を見るにいたった。誠に世紀の大偉業というべきである。
 地区民のしあわせは、これによって永く子々孫々にいたるまで受ける
ことになり地区住民ひとしく深く感謝感激してやまないところである。
 ここに水道完工をよろこび、記念碑を建て、永遠に伝えるものである。

 昭和五十年十一月二十五日

  美保関水道委員長  福間幹郎
  美保関地区区長会長 山本嘉雄

<建立>

昭和50年(1975年)11月25日(碑文より)