04-た行, 0402玉湯町

<スポンサーリンク>




<写真>


<地図>玉湯町林

<碑文>
概要
当地区は、本郷川の左右両岸に沿って広がり、東西を山に囲まれた、面積十五ヘクタールの農業地帯で営農作付体系及び受益農家、水利条件等比較的まとまりのある稲作中心の集落であるが未整備のため農業の近代化を阻害している、今回本事業により機械化を図り、共同作業体系の促進と農地の流動化及び高度利用をし農業の近代化と経営の安定化を図る。

全体事業量  区画整理15.0ヘクタール
総事業費   157,000千円
受益面積   15.0ヘクタール
受益戸数   53戸
施行年度   昭和61年度~平成3年度
事業主体   玉湯町土地改良区

  平成四年三月吉日
<建立>
平成4年(1992年)3月吉日(碑文より)

04-た行, 0402玉湯町

<スポンサーリンク>




<写真>

<地図>松江市玉林

<碑文>
概要
当根尾地区は、玉湯町の中央に位置し、水稲を中心とした従来の自己完結型の農業経営地域である。
地区内の農地は区画の形状や排水条件が悪く、用排水施設も未整備で、営農の支障となっており、効率的な営農を図ることが急務とされていた。
農家の方をはじめ地区民一体となって、農地の高度利用と合理的な農業経営、併せて生活環境の改善を目指して、平成十年度から団体営基盤整備促進事業として、農地の排水条件の改良による汎用化及びこれに関連する用水施設整備等総合的に促進し、次のとおり完成したものである。

事 業 名 基盤整備促進事業(農林水産省所管国庫補助事業)
事業主体  玉湯町土地改良区
施工区域  根尾地区土地改良組合区域
事業期間  平成十年度~平成十四年度
事業内容  区画整備10.1ヘクタール
      暗渠排水9.5ヘクタール
竣  工  平成十五年三月吉日
<建立>
平成15年(2003年)3月吉日(碑文より)

04-た行, 0407殿町

<スポンサーリンク>




<写真>

<地図>松江市殿町

<碑文>
松江開府400年祭記念之碑
              謹書 藤岡大拙

慶長16(1611)年、堀尾吉晴公により5年の歳月をかけ松江城と町は完成した。
以来、松江は先人たちの尽力により国際文化観光都市として発展をとげ、開府から400年を迎えた。
歴史と風土の中で、つちかわれた文化と伝統の意義や特色を市民とともに考え、未来に継承していくため、城と町の建設に要した年月に合わせ、平成19(2007)年から平成23(2011)年までの5年間、市民の知恵を結集し、「松江開府400年祭」を挙行した50年後、100年後、未来永劫、この情熱が語りつがれ、町の将来を担う若人たちの叡智と努力により、松江がさらに発展をとげるよう祈念し、この碑を建立する。

  平成23(2011)年12月

     松江市長  松浦正敬
     松江開府400年祭推進協議会
       会長  古瀬 誠
<建立>
平成23年(2011年)12月(碑文より)